自分を元気にする魔法

自給自足をいっぱいしたい。
一回何か引きずると、別の夢中になれるものが見つかるまでかなり引きずってしまう。

このモード、「突然彼女にフラれた彼氏」みたいって言われることがある。
自覚はある。
情けないなって思う。

一時よりは落ち着いたが、まだダメだ。吹っ切れたと思ったけど思い込みだったかもしれない。

絵が全体的になんだか悲しそうなものが仕上がる。

タイムラプスで描いた朝日も、私の心の中で寂しさを感じながら描いてたのはある。
そのせいか、出来上がった彼は笑みを浮かべていてもどこかに寂しさを感じるような気がした。夕暮れのせいなのか。夕暮れのせいだったらいいのに。

この悲しげな気持ちを次の絵のキャンバスに描き始めている。幸せな絵であってほしいっていうオーダー。今の私に果たしてどれだけ表現できるのか未知数過ぎる。

けど、描く。
責任をもって描く。

一年前と大きな違いは生み出す絵の責任感。
どんなに体調が悪くても。
どんなに精神的に悲しんでいても。
請け負ったものに対し対価に見合う作品をひたすら生み出すだけ。